スタッフブログ

Home » スタッフブログ » 2017年08月

8月最後の前撮り

こんにちは。
いつもアトリエCashaのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

8月も今日で最後。
なんだか夏が終わってしまうようで、寂しい感じもしますね。
そんな中、8月最後のお客様の撮影をめいいっぱい楽しくさせて頂きました♪

 

 
撮影スタート!
自転車にまたがって「いってきまーす♪」(^^)/

 



 
続きまして番傘を使った可愛いショット。
見つめ合っているのもカメラ目線もどちらも素敵です♪

 
 

 
そして緑の中のふたり♪

 
 


 
花嫁のソロショットは雰囲気のある1枚に。

 

 
「早く早く~!」

「まってよ~!」

そんな会話が聞こえてきそう(#^^#)

 

 
少し風がでて少しだけ涼しく感じられましたが、

お着物を着るとまだまだ暑い!そんな中でもおふたり笑顔で

頑張ってくださいました!

 



 

そんなおふたりの結婚式本番は12月。

今日の写真が結婚式当日にどんな風に活躍するのか楽しみです( ◠‿◠ )

これからご準備大変ですが頑張ってくださいね!

 

☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)
TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact/

お客様紹介:前撮り2017.08.31 15:26

【コラム】ドレスでコロン♪かわいい寝ころびポーズアイデア

 

 
ウェディング当日ではなく、事前にウェディングドレスや和装で新郎新婦の記念撮影をする前撮り。
 
ふたりだけの記念になる写真がゆっくりと撮影でき、しかも憧れのシチュエーションで素敵な写真を撮れるということで大変好評です◎◎
 
 
最近では、ウェディング当日とは違った衣装で前撮りをするカップルも増えてきて、ウェディング当日と同じくらい重要なイベントになりつつあります(^^♪
 
しかし、どんな記念の写真が撮りたいのかイメージをちゃんと持っているカップルは、それほど多くはないようです。
もちろん、プロのモデルさんではないカップルにとっては、どんなポーズで前撮りしたらいいか分からないといったお悩みを伺うこともあります。
 
今回は、前撮りで困らないポーズのアイデアをご紹介しましょう!
 
 
 

 
< うつ伏せ頬杖で仲良しショット >
 
ウェディングの前撮りで人気のポーズが「寝ころびショット」です。
 
定番は、新郎新婦がうつ伏せになって、頬杖をついてコロンと横になるポーズです。
こういったポーズで撮影されるカップルは最近少なくありません☆
 
カメラマンはローアングルで、新郎新婦の前から撮影します。
中には、チャペルのバージンロードにうつ伏せになって、頬杖の仲良しショットを撮影するカップルも♪♪
 
そんな場所で記念写真が撮れるのも、新郎新婦の特権ですのでいい記念になりますね(^^)/
 
 
 

 
< 仰向けショット >
 
『寝ころびショット』は、うつ伏せで頬杖つく仲良しショットだけではありません。
もうひとつの人気ポーズが、新郎新婦が仰向けでコロンと寝ころがって、カメラマンに上から撮影してもらうといった「仰向けショット」になります。
 
このポーズが人気の理由は、ウェディングドレスの特徴にあります。
 
ウェディングドレスはふわふわしているデザインのものが多く、仰向けに寝ころぶことで画面いっぱいにドレスをフワッと広げることができます。
これが可愛いという新婦さんが多いのです(^^)/☆
 
フワッと広がった花嫁のドレスに、カップルがふたりで寝ころび、バラなどの花びらを散らしたり、ふたりで手作りしたオブジェなどを配置しても可愛いですね♪
 
 

 
また、抱っこのポーズも人気があります。
 
パワフルな体育会系新郎なら、いわゆる「お姫様抱っこ」で新婦を抱っこして撮影することも多いのですが、そこまで腕力に自信がない新郎なら、仰向けにコロンとふたりで寝ころがって、新婦を抱えるポーズなどもオススメです(^◇^)
 
 
 

 
< 寝相アート風も登場 >
 
ウェディングの前撮りポーズには「寝相アート」というジャンルがあるのをご存知ですか?
 
もともとは、赤ちゃんの寝相を撮影した写真が、まるで立っているように見えることから生まれたポーズになり、
寝ころびショットとの違いは、上記のように「まるで立っているかのような写真」という点になります。
 
キーとなるのは、オブジェやバルーン、椅子などのアイテム。
これらを配置して、絵本の表紙のように可愛いアートな作品に仕上げることができます♪
 
例えば、黒い布を敷いて、その上にふたりで寝ころび、チョークなどで黒い布にアートな落書きを施せば、まるでトリックアートのような写真が撮れます。
 
このように新郎新婦おふたりのアイデア次第で、とても面白くて記念になる写真が撮れますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね☆
 
 
 

 
ウェディングの前撮りは、忙しい当日と違い、時間をたっぷりと使えるので、背景やポーズなどに凝った、さまざまな写真を撮影できるのが大きなポイントです。
 
他のカップルとは一味違った楽しい写真を撮影するために、ふたりでアイデアを出し合うのも良い思い出になります(^^♪
ぜひ、お互いが一番素敵に見えるポーズを見つけてくださいね☆
 
 
 
☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact/
 

コラム2017.08.29 19:12

紅葉シーズン~ご予約お急ぎください~

こんにちは!

いつもアトリエCashaのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

もうすぐ8月も終わりです。

まだまだ暑いので「秋」を感じるのはまだ先のような気がしますが、紅葉シーズンのご予約は始まってます☆

 



 

京都の紅葉は例年では11月中頃~11月下旬。

昨年は少し時期が短かったような気もしますが、今年は長くきれいに色づいてほしいですね☆

 



 

紅葉といっても様々で、庭園で真っ赤に色づいたモミジや

 



 

イチョウの並木も楽しめます。

 



 

時期によっては紅葉の絨毯も♪

 



紅葉は時期が短いので他のシーズンと比べてご予約も早く埋まってしまいます。

ご検討中の方はお急ぎくださいませ!

 



「今年も綺麗な紅葉になりますように・・」と願いながら皆様のご予約をお待ちしております♪

 

☆お問合せはいつでもお気軽に☆

atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact/

お知らせ 未分類2017.08.24 14:49

【コラム】 一瞬を切り取る写真の醍醐味! ジャンプショットで動きのあるフォトを

 

 
 
ウェディングの前撮りは、ゆっくりとふたりの時間が取れるため、作品づくりのような楽しい撮影ができるのが魅力です。
 
中でも、写真という一瞬のタイミングを切り取ることができる特徴を活かした「ジャンプショット」は、ウェディングの前撮りでなくても定番の面白写真として人気があります。
 
今回は、ジャンプショットを上手く撮影するヒントをご紹介していきましょう。
 
 
 

 
< ジャンプショットとは? >
 
ジャンプショットとは、撮影される人(被写体)がジャンプをして、その浮いている瞬間を撮影した写真のことです。
なお、ジャンプショットに大切なのは、跳躍力よりポージングの工夫で、ポーズが決まれば面白い写真になります。
 
 

 
少し前に女子高生たちがSNSに投稿して大流行した「マカンコウサッポウ」も、このジャンプショットの一種ですし、有名な写真家が作品として発表した「浮遊少女」などもジャンプショットの例として有名です。
 
「マカンコウサッポウ」と似たアイデアで、こちらのお写真のような某ボールを集めるアニメの必殺技「かめはめ波」風味のジャンプショットも面白いですね。(笑)
 
背景にあるもの(夕日やちょうど形が似ている植木など)を活かして、撃っているポーズと撃たれたポーズをすると、後々見返してふたりでクスッと笑える記念写真になりますね!
 
 
もちろんウェディングでもジャンプショットは非常に人気のある写真です。
 
人気の理由としては、プロの写真家による作品が素敵なのはもちろん、最近のデジタルカメラ性能が向上したおかげで、誰でもジャンプショットが簡単に撮れるようになったということです。
 
ジャンプショットは、単にジャンプした瞬間を撮影するだけではありますが、ウェディングの前撮りではタキシードとウェディングドレスという、決してジャンプなどの跳躍をするには向かない衣装であるということを意識しなければなりません。
 
そこに気を配って、新婦のウェディングドレスがフワッと可愛らしく広がってジャンプしている様子が撮れれば、それがおふたりの個性を十分に出せる記念写真になるのは間違いないでしょう。
 
 
 
< ジャンプショットのアイデア >
 
それでは、ウェディングの前撮りで楽しいジャンプショットを撮影するには、どんな風にポージングをしたら良いのでしょうか?
 
ポイントとしては、ただ垂直にジャンプするのではなく、動きのあるジャンプで個性を出すとよいということが挙げられます。
 
 

 
一例として、まずカメラマンに下から撮影してもらうといった撮り方があります。
 
通常ジャンプショットは被写体の真正面から撮ることが多いのですが、カメラマンに可能な限りローアングルから撮影してもらうことで、それほど高くジャンプしなくても、とても高く飛んでいるような写真になるのです。
 
そして、背景は空いっぱいにすることもコツのひとつ。これによって、よりお二人のジャンプに躍動感が増して見えるのです。
ただし、背景がそれしかないと、いったいどこで撮影したか分からないというデメリットはあります。
 
 
新郎新婦がジャンプしてハイタッチをするというジャンプショットも人気があります。
手を繋いでジャンプというのは普通ですが、ハイタッチというのはアイデアとして面白いですよね。
 
これは、ふたりの呼吸を合わせてジャンプするという難しさはありますが、決まった時はとてもインパクトのある素敵で楽しい写真になります。
 
 

 
バルーンを持ったら、空に飛んで行きそうになっちゃうというストーリーのジャンプショットもユニークで人気がありますよ!
本当にバルーンから手を離さないように注意しましょうね(^^;)
 
 
ウェディング当日には絶対できない楽しい前撮り写真。
その中でも特にジャンプショットは、陽気で仲良しなふたりを表現できるショットです。
 
ロケーションやポージングを工夫して、おふたりの個性が現れているジャンプショットに挑戦してみましょう!
 
 
 
☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact/
 

コラム2017.08.18 18:14

2年ぶりに

こんにちは!
いつもアトリエCashaのブログをご覧いただきましてありがとうございます。

先日、2年前に撮影を担当させて頂いたおふたりが2年ぶりに撮影に来てくださいました♪

2年前は秋の紅葉時期での和装前撮り、





 

見ている私たちまで笑顔にしてくれる、笑顔がとっても素敵な新郎新婦様にスタッフも癒されました♪

 

そしてその一か月後の結婚式の撮影も。

 



 

前撮りと同じく素敵な笑顔のおふたりは、洋装姿もお似合い♪

 

そして今年は「マタニティフォト」

 



 

変わらずとっても可愛くって素敵なおふたり♪

きっと素敵なパパとママになるんでしょうね。

次回はご家族3人でお越し頂けるのを楽しみにしています(^^)/

 

☆お問合せはいつでもお気軽に☆

atelier casha(アトリエカーシャ)
TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact/

お客様紹介:前撮り お客様紹介:家族・子供写真など2017.08.16 18:25

1 / 3123

セントオーガスティン

Take picture into your heart 大切な日の気持ちを写真に込めて