BLOG

ブログ

カテゴリーで絞り込む

お子さまの成長記録☆

いつもアトリエカーシャのブログをご覧頂き、ありがとうございます(o^^o)
 
 

 
お子さまが成長していく中で、大切な節目 = 記念日の一つである『七五三』
 
『七五三』とは、子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事です。
 
昔からの習わしで、数え年3歳を「髪置きの儀」、5歳を「袴儀」、7歳を「帯解きの儀」とし、
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします(^^)/
 
 

 
『七五三』の日は11月15日とされていますが、もちろん年によっては平日・土日と曜日がバラバラ・・・
  
ご都合によっては、15日に必ず『七五三』を行えないご家庭もあるかと思いますので、
その際は前後の大安や10月中旬~11月下旬の土日・祝日で行われる方も♪
 
神社にて参拝や祈祷を行った後、せっかくの記念日ですので写真撮影を・・と思っても
考える事は皆さま同じなので、七五三近くになって予約をしようと思っても、
すでに予約いっぱいで撮影の予約が取れないなんて事も((+_+))
 
そんなお客様には七五三の後撮り撮影や、あらかじめ前もって前撮り撮影を行う事をお勧めします!
 
 

 
例えば、『七五三』の後撮り撮影であれば12月。
 
『七五三』を行ってからそんなに日が経っていないので、お子様の成長具合も『七五三』当日とそんなに変わらない内にお写真に残す事が出来ます(^^♪
 

 
そんな12月は季節的には冬。外での撮影は寒いのでは・・・なんて心配される方もご安心下さい。
 
スタジオ撮影なら、外のさむーい気温に左右される事なく安心して撮影を行って頂けます♪
 
 

 
お外での撮影をご希望の場合は、暖かくなり始めるこれからの季節からがお勧めです!
あまり暑すぎる季節ですと、お子様もご見学される親御様も大変ですからね(^_^;)
 
これからであれば、少しずつ花開き始めた『梅』との撮影が行えます。
 

 

 
また、もう少し暖かくなるのをお待ち頂けるのであれば、『緑』が綺麗な中での日本庭園でのロケーション撮影がお勧め♪♪
 
こちらの日本庭園は、花嫁さま達の前撮り撮影でも実際に使用する撮影スポット。
お子さま達の和装姿にピッタリのロケーションになっておりますよ☆
 
 
これからお子さまが『七五三』を迎えられるご家族さま。
お子さまの成長記録として、ぜひぜひ思い出の1枚を残して下さいね!(^^)/
 
 
☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact-form
 

季節を感じられる1枚~緑の中で~

いつもアトリエCashaのブログをご覧いただきありがとうございます☆

毎日寒いですが、確実に春はもうすぐ!

最近では、桜シーズンのお問合せと共に「緑」の季節のお問合せもたくさんいただいてます。



ゴールデンウィーク明けぐらいからは新緑のシーズン!

緑がとっても綺麗な時期になります♪



この時期の撮影では是非「たくさんの緑にかこまれた1枚」を残して頂きたいと思います♪

 



シロツメクサの絨毯に囲まれた1枚や

 



まるで森の妖精のような1枚。

 



一言に「緑」といってもいろんなロケーションがありますよね。

 



 

フォトウエディングも前撮りもおふたりにとって大切な記念日です。

その記念日がどんな日だったかのか、思い出していただけるように季節を感じられる

お写真は是非残してみてくださいね♪

 

☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)
TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact-form

 

 

【コラム】和装をステキに演出♪お習字ショットでオリジナルフォト

コラム



結婚式の前撮り写真は、和装が人気です。

式は洋装で挙げる人でも一度は白無垢を着てみたい、羽織袴の彼とツーショットを撮っておきたい!という方が増えているのです。

和装の写真をオシャレに見せるために重要なのが「撮影小物」!
その中でも今人気急上昇なのが「お習字」です。

本日のコラムでは、お習字ショットについて詳しくまとめました。





< 和装の人気撮影小物のおさらい >

和装で前撮りするときの撮影小物。
どんなものがあるのか、まずはおさらいしておきましょう!




・赤い糸

定番となった赤い糸はSNSから人気に火がついたアイテムです。

糸といっても写真にしっかり映るように、太めの赤い組紐を選びます。
組紐の中に形が自由に変えられて固定できるように細いワイヤーを通せばOK。

両端はお互いの小指に結び、その間の部分で「LOVE」とか「married」などの文字をつくります。
簡単にハートの形だけでも◎です。




・和傘

和装に合うのが傘。
特に外で撮影する場合に使いたいアイテムです。

相合傘スタイルは仲良し感が出てかわいい雰囲気になるだけでなく、自然に寄り添ったツーショットになるのでおすすめです。



シャイなカップルなら和傘越しのシルエットでもステキです。
和装ならではの雰囲気ある写真になります。




・紙風船

紙風船を、2人でポンポンと打っている姿の写真も人気。

紙風船はそれだけでカラフルで写真映えしますし、新郎新婦の飾らない、自然な笑顔が撮れるアイテムです。





< 新定番の「お習字ショット」って? >

新しい定番の和装撮影小物として人気が上がっている「お習字ショット」とは、新郎新婦が手書きした書道の紙を持って映るというもの。

書道の字には個性や気持ちが出ますから、習字が得意な人もそうでない人も、一生懸命書いた字と一緒に映ると気持ちが伝わる写真になります。

また「赤い糸」同様、手作りであること、身近な材料で簡単に用意できることも人気の理由のひとつです。


墨汁は服に付くと取りにくいので、前もって書いておいたのを持って撮るのが一般的ですが、和装で書いているところを撮影するという人も。

そういう場合は墨汁よりも、洗濯で落ちやすい黒インクなどで代用すると安心ですよ。





< お習字ショットで人気の文字は? >

・「結婚しました」

オーソドックスな「結婚しました」は、結婚報告ハガキの写真にも使えるアイテムになります。

写真に後から文字入れをするよりも「手書き」というのが味のある報告ハガキになりますね。
入籍日も入れておくと、2人にとっても大切な記念の一枚になります。


・「あけましておめでとうございます」

こちらも年賀状用の写真に撮る人が多いようです。
秋~年末にかけて結婚した人は、結婚報告を年賀状でする人も多いので、結婚と年始の挨拶が一度でできますね。

和装とお習字の文字で、新年にぴったりのおめでたい一枚になります。




・「○○、はじめました」

○○に入るのは新郎の苗字です。

結婚して同じ苗字になったことをユーモアたっぷりに伝える一枚。
友達宛に送る結婚報告にはぴったりですね!

新婦さんが書く、新しくなった名前は初々しくてほほえましい一枚になります。
他にも、同じ苗字になった2人の名前を書く人も多いようです。


・結婚の抱負や約束事を書く

「美味しいご飯をつくる」「いつも笑顔で」「毎日愛してると言う」などなど、結婚の抱負や2人でつくった約束事を書く人もいます。

新婚の時の気持ちを忘れないためにも、しっかり書いて残しておくのもいいですね!


また、「いつまでもかわいい○○でいてね」「筋トレを欠かさず健康でいてね」「食器洗いはお願いします」など、お互いへのお願い事を書くバージョンもあります。

お習字のおかげでデザイン性が高い一枚となり、いつも目に入るリビングなどに、飾っておきたい写真になります。



< まとめ >

誰でも手軽に作れる撮影小物の「お習字」。

字には個性が出るので、家族や友人がみても「あ、あの子らしい字だな」と思ってもらえる一枚になりますし、気持ちが伝わる写真になりますね。

結婚報告や年賀状の写真用にぜひ撮っておきたい一枚です。



☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact-form
 

毎日が記念日♪子供の成長を逃さずぱちり☆

 

見ているだけで笑顔になってしまうお子様のお写真。

アトリエCashaでもたくさんのKIDS撮影をさせて頂いております(*^^*)

 



 

お子様の成長ってあっという間☆

少しずついろんな事ができるようになって、あっという間に大きくなって

毎日、目が離せないですよね♪

 



 

そんなお子様の成長を見ていると毎日が大切な記念日。

その日のその瞬間の表情はかけがえのないものです。

 



 

笑った顔も、泣いた顔も、

どんな表情もぜーんぶ大切な思い出♪

 



 

その時にしか見ることのできない姿を

いつでも思い出せるように撮影をさせて頂いてます♪

 



 

お子様の成長は毎日が記念日♪

是非、大切なお子様の記念日を私たちもいっしょに過ごさせてください(*^^*)

 

☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)
TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact-form

撮影衣装の選び方 < 着物の柄・鶴柄編 >



皆さまこんにちは!
いつもアトリエカーシャのブログをご覧下さり、ありがとうございます(o^^o)

さて、最近のアトリエカーシャでは『桜シーズン』のご予約だけでなく、『新緑シーズン』の撮影予約も始まっております!

4月末から5月初旬にかけて一気に芽吹く緑。
この時期は毎日出勤するたびに景色が変わっていくので、日々木々たちの成長を観察するのが楽しくなります(^^)/




無事に撮影の日取りも決まり、ホッと一息ついたら次は「お衣装選び」ですね♪
ですが、実際はどんな基準で撮影衣装を1着にしぼったら良いのか・・・ と、とっても悩みますよね((+_+))

もちろん最終的には、実際にお着物を着て撮影を行われる新郎新婦さまのお好みの1着にてご決定されるかと思いますが、
色打掛であれば、1着1着それぞれ「色」が異なってまいりますので、まずはお色味で候補をしぼっていくのもありです(^^♪
( ※過去ブログにて、お着物のお色味についてご紹介もしております☆ →→→ 過去ブログ 『 桜 × 着物





さて、お色味で候補がある程度しぼれてきたら、次は「お着物の柄」にも注目してみましょう☆

色を決める時はそんなに柄に注目されていなかったと思いますが、柄の大きさや入る位置によってもお着物の印象は大きく変わってきますよ♪






そんなお着物に施されている「柄」ですが、柄の一つ一つにも意味が込められている事を皆さまはご存知でしたか?


本日のブログでは、たくさん柄の種類がある中でも代表的だと思う「鶴柄」についてご紹介させて頂きます(^^)/☆

さて「鶴柄」は、アトリエカーシャの着物の中でも一番多く使われている柄でございます(^^♪

鶴がメインとなっている着物もあれば、どこかにさり気なく存在していたり・・・など、
気付けば着物のどこかに鶴さんが存在しています。(笑)





そんな「鶴柄」でございますが、

『鶴は千年 亀は万年』

この言葉にあるように、鶴は長寿の象徴。
その遠くまで響く鳴き声が、まるで天まで届いているようだと「天地を結ぶ存在」ともされております。

鶴は、「生命力の豊かさ」「長寿」を意味する神秘の鳥でございますので、
おめでたいことがあったり、幸せを祝う場の着物の模様としてはとても素晴らしい柄です!





また2羽の鶴、夫婦鶴として描かれた時は違った意味がございます。
それは「夫婦仲良きこと」の象徴。

パートナーとなった夫婦鶴は離れることなく、ヒナの旅立ちまで連れ添います。

天と地を結ぶ尊い存在である鶴は、その長い人生を夫婦仲良く過ごす。
夫婦の幸せを願う、これ以上にない吉祥文様と言えるのです(^^)/





お着物の色味は決めれたけれども、最後の1着がしぼれない!!って花嫁さま。
最後は着物の「柄」に注目してみるのはいかがでしょう?

柄の入る位置・大きさで、本当に印象が変わってきます!
また、その「柄」に込められた意味も知ると、お着物選びもなんだか楽しくなってきますよね(^^♪

お衣装選びの際には、ぜひお着物の柄にも注目してみて下さい☆



☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP:www.a-casha.net
インスタグラム:atelier_casha
お問合せはコチラから ⇒ http://www.a-casha.net/contact-form