BLOG

ブログ

カテゴリーで絞り込む

結婚式の花嫁和装:着物の柄の意味

お客様紹介:前撮り

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます(*^^*)

アトリエカーシャでは、洋装だけや和装だけ、またまた洋装も和装も両方撮影したい!・・・など、
お客様のご希望内容に合ったフォトプランをご提案させて頂いております♪



京都にある写真会社といった土地柄的な事も関係しているのか、
アトリエカーシャでは特に和装での前撮りをご予約下さるお客様が多いような気がします(^^♪

撮影理由としてよく耳にするのが・・

“ 結婚式当日に和装を着ないから ” “ 結婚式で和装を着なかったから ”

やはり日本人としては、和装を一度は着てみたい!という思いがどこかにあるんでしょうか?(^◇^)

和装にはいくつかの種類がございまして、
アトリエカーシャで取り扱っている衣装は 色打掛 ・ 白無垢 ・本振袖 の3種類!

どの衣装で撮影しようかな・・何色の衣装を着ようかな・・・とお衣装選びの悩みはつきないかと思いますが、
お色と同じぐらい重要に気になってくるのがお着物の柄(^^)/

そんな本日は、着物の柄についてご紹介させて頂きます☆

本日ピックアップする柄は・・ “ 鶴柄 ”



鶴柄は、弊社の着物の中でも一番多い柄◎

鶴がメインとなっている着物もあれば、どこかにさり気なく存在していたり・・・など、
気付けば着物のどこかに存在しています(^^)♪

今やほとんどの着物の柄として使われている “ 鶴 ”

そんな鶴柄にも、キチンと意味が込められています(^◇^)



「鶴は千年 亀は万年」

この言葉にあるように、鶴は長寿の象徴。
その遠くまで響く鳴き声が、まるで天まで届いているようだと「天地を結ぶ存在」でもあります◎

「生命力の豊かさ」「長寿」を意味する神秘の鳥なので、
おめでたいことがあったり、幸せを祝う場の着物の模様として今まで選ばれてきました。



また、2羽の鶴、つまりは夫婦鶴として描かれた時はまた違う意味がつきます。
それは「夫婦仲良きこと」の象徴。

パートナーとなった夫婦鶴は離れることなく、ヒナの旅立ちまで連れ添います。

天と地を結ぶ尊い存在である鶴は、その長い人生を夫婦仲良く過ごす。
夫婦の幸せを願う、これ以上にない吉祥文様と言えるのです(^^)/



着物の柄に込められた意味も知ると、お衣装選びの参考にもなりますよね(^^♪

どの衣装にしようか悩まれた方は、ぜひぜひ着物の柄にも注目してみて下さい☆


☆お問合せはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)



TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP: www.a-casha.net
インスタグラム: atelier_casha

 

お子さまと一緒に☆ファミリーフォトウェディング☆☆

皆さまこんにちはー(*^^*)



本日ご紹介させていただきますのは、昨年の11月に撮影をしたこちらのお2人(^^)/

そして、お2人プラス・・・



この日はなんと、お子さまも一緒に撮影に参加していただきましたー☆★

お2人にご予約頂いたプランは、他の花嫁様たちも利用される和装庭園ロケ「四季」プラン。

最近は、子供とも一緒に撮影をしたいです!とのお問合せをいただく事も増えてきましたね◎



パパの肩車で仲良く3人で移動中♪

パパの肩車は小さい時限定。今だけの特等席ですね!(^^)/





もちろんこの日の撮影もいつもと変わらず。
まずはお2人だけでのカットを撮影◎





ゆっくりとお2人だけでの撮影が終了した後は、お子さまも参加♪

お子さまがいらっしゃると、お2人の表情がより柔らかくなりますね(^_-)-☆



お2人にとっても普段着ることのない衣装を着ての特別な撮影。

それだけでも特別な一日になる事間違いなし!ですが、
なんと撮影したこの日は、お子さまのお誕生日でもあったそうです(^^)/

パパママだけでなく、お子さまにとっても記念すべき一日になったのかな♪

そんな特別な一日のお手伝いが出来て良かったです◎


☆お問合せはいつでもお気軽に☆

atelier casha(アトリエカーシャ)


TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP: www.a-casha.net
インスタグラム: atelier_casha

 

京都の梅の季節~梅林を背景に七五三や着物での撮影~

皆様、こんにちは。先日は雪で大変でしたね。

寒がりの私はもそろそろ暖かい春が恋しくなってきました(^-^;


そんな春の花といえば「桜」が人気ですが、個人的には「梅」もオススメ♪

桜とはまた違った美しさを持つ「梅の花」

「桜」が花見の主流となったのは平安時代からだそうで、
それまでの「花見」といえば桜ではなく、梅が主流だったと聞いたことがあります。

また万葉集には「梅」を詠んだ歌が118首もあるそうです。
昔から愛されていた花なんですね。

そんな「梅」での撮影をご紹介☆

まずは花嫁和装。




白無垢、和装どちらとも雰囲気とピッタリです。
和の趣を感じられる梅の花、白やピンクをいろんな色を楽しめるのもいいですね。

 



お子様の七五三撮影。
梅の木はそんなに高さがないので、お花の近くで撮影もできます(*^-^*)
こちらの撮影はすべて京都の「しょうざんリゾート 日本庭園」での撮影。

この日本庭園ではたくさんの梅の木があり、毎年梅の時期に開催される
「春華の宴」では美味しいランチと梅を楽しむ庭園散策、
京都ならではの舞妓さんのお点前も楽しめたりします♪
http://www.shozan.co.jp/topic/syunkanoutage.html

何度かスタッフのみんなで参加させて頂きましたが、お勧めです♪
ご興味のある方は是非♪

そしてそんな梅の花と撮影をしてみたい!という方は
是非「atelier casha」にお問合せくださいませ(*^-^*)

 

☆お問い合わせはいつでもお気軽に☆
atelier casha(アトリエカーシャ)

TEL:0120-66-9615
Mail:info@st-augustin.net
HP: www.a-casha.net
インスタグラム: atelier_casha