スタッフブログ

Home » スタッフブログ » 2011年10月

ファイヤーキング!!

突然ですが、皆様はアンカーホッキング社のファイヤーキングという
食器をご存知ですか?


1940年から1976年までアメリカで生産されていたガラス食器で
現在でも多くのコレクターに愛されています。

ファイヤーキングのガラスが持つ独特の色、風合い、優しさは
まさに古き良き時代のアメリカの象徴といっても過言ではありません。


さて、今回なぜこのファイヤーキングのお話をしているかと言いますと
今ではもう生産が終了してしまったファイヤーキングが復刻されるというからなのです。

しかも、日本で日本のガラス職人さんの手により当時の製法を再現されるというのです。


その名もーFire King JAPAN―


で、、、この度、Fire King JAPAN のスタートに伴い,
ファイヤーキングのいろいろを載せた本が出版されるという事で、
出版社の方々、ファイヤーキングのヴィンテージを販売されているショップの方々、
Fire King JAPANのスタッフさん、そして撮影担当の私で、
とある田舎のガラス工場へ取材に行って来ました。


そこには素晴らしいガラス職人さんがおられ、Fire King JAPANとして復刻された
試作品のマグカップがいくつか作られていました。
そのお写真を載せたいのですが本が出版されるまではNGという事なので
残念ながら今回は文章だけで。。。

いろんな人々の力が積み重なり、今、目の前で約35年の時間を超えて
また製造されている小さなガラスのマグカップ。
ほんとに、感動でした。


また、本が出来上がればご紹介させて頂きたいと思います。
皆様も良かったら見てみて下さい。
Fire King JAPAN。ブームの予感。

詳しくはこちら↓↓

http://fireking-japan.com/

Fire Casha すずき

お知らせ ご挨拶2011.10.22 21:07

かーくん&川ちゃんおめでと~♪

先日、と~っても楽しい撮影がありました。

まずは、写真から。
行きますよ~。



ん!?



んん!?

なぜ、こんなにちびっこが??

実は、新婦様は学童の先生をされてるんです。

「藤森共同学童保育所つよい子クラブ」
での、頼れる厳しくも優しい先生です。

この学童、保護者の方による運営で、保育料だけで全てを賄っておられるんです。
建物は、保護者の方の手作りで建てたプレハブ。

市からの補助がない中で、ずっと運営されて来られました。

でも、とうとう30年以上あった歴史に、来年の3月でピリオドを打つ事に。

そんな事もあり、
新婦様の「みんなと一緒に撮影したい!」との強い願いから、
「みんなにスタジオに来て貰おう!!」計画がスタートしました。

同僚の先生や保護者の方のご協力もあり、素敵な一日が迎えられました。

最初のお写真は、
新婦様のお支度中に、お弁当タイムです。
腹ごしらえをして、元気いっぱい。

そして、みんなでお着替えをしてかーくん&川ちゃんを待ちました。

お待ちかねの、お二人の登場ですー。




新郎様も、学童にちょこちょこ行かれてるそうで
みんなとの仲はバッチリです。

でも、ちらほら、「かーくんどいてー。川ちゃん見えへん」の声が(笑)



本当に良い笑顔ですね~。
すごく、素敵な関係なんだなぁと思います。

少し恥ずかしそうにみんなの前に登場されるのが、とっても可愛かったです。

そして、そして、みんなで記念撮影!!



直前まで、むちゃくちゃ元気いっぱいだったのに
撮影になると、みんなの硬いこと。

もう一枚!



今年は2年生から5年生までいるそうで、みんなとっても仲良しでした。
学校以外で一緒に過ごせる場所があるのは、宝物ですね。

みんなが帰った後は、お二人の撮影スタートです。

嵐の去った後(笑)、しっとりと撮影が進みました。






日本男児と大和撫子の雰囲気ですねー。



笑顔のお写真は、とってもお二人らしさが出ますね。

ドレスも素敵なんです。






本当は、もっとラブラブな写真とかもあるのですが
ちびっこの手前、内緒にしておきます。

こんな先生だったら、安心して子どもをまかせられるなぁと
思いました。

働くお母さんからしたら、学童はすごく大切な存在だと思います。
京都市の職員さん!
何とかなりませんかー?

かーくん&川ちゃん。
とっても楽しい時間をありがとうございました。

次回も楽しみにしております♪


studio はや

お客様紹介:前撮り2011.10.01 17:33

セントオーガスティン

Take picture into your heart 大切な日の気持ちを写真に込めて